ちいさなこえをききにいく

​あらいいづみロング対談

​本が完成して

まだ興奮冷めやらぬ中、

個展を目前に製作に取り組む

あらいいづみと、

すこし長めのおはなしをしました。

​話し手:Idu(あらいいづみ)

聴き手:sb(スロウボート・つゆき)​

あらいいづみ作品集、いのちかたちが完成、

群馬での個展を目前にして、最後の追い込み中。​

手を休めて、少し長めのおはなしをしました。

sb:

やり取りを見返してたら、

すごく沢山していてね

  ほんとキャッチボールしながら

本ができたなあと

Idu:

そうだねー すごく投げあったねぇ。

全然関係ないかもだけど

今日知り合いの作家さんきて、

私の作品から音を感じるって。

詩美さん(後述、ギャラリーピカレスク松岡詩美さん)も

前そんなこと言ってたことある

 
sb:

うんうん

感じることは沢山あった

 

Idu:

つゆきくんも?

sb:

音というのかな

耳鳴りのような感じかな

ひかりのおと

 

Idu:

耳鳴り…? なんとなく聴こえる

おぉ

sb:

周期的なパルス

 

Idu:

ひかり

サラリーマンしてるとき「ひかり」ということばが

頻繁に意識のなかにでてきて

気になって仕方なかったときあったけど

この世界のぞいてみたら

ひかりをテーマにしてる人たくさんいた。

魅力的なのかもねぇ

sb:

そうなんだ

 

Idu:

自分がひかりを求めていたのかも

sb:

まわりを見過ぎたら、

本の作業はできなかったかもなあ

作る側だとね

 

Idu:

まわり?

sb:

まわりというか、何かを参考にするとか

 

Idu:

うん

知識やら情報か

sb:

そういう意味では、

ほんとに作品的な作り方をしてる

本自体も

 

Idu:

たのしみだなぁ

sb:

うーん、出来上がったの見た時、

少し手が震えた笑

 
Idu:

それはかなりのものだ

めちゃくちゃたましい入ったもの

sb:

うん

縁もあった

Idu:

つゆきくんだから本当にお任せできたなあ

意外と細かいとこあると思う、

作品に関しては 他はおおざっぱだけども

sb:

うんうん

色んなことは程度の問題だし、だから、

そこに嘘がないかが重要なのだと思う

 
Idu:

嘘か…昔からつけなくてだから大変なこともあった

でも、ずっと自分には嘘をついてたから

つらかったのかもしれない

ピカレスク / Picaresque

わたしにちょうどいいアート。

をモットーに。

渋谷区参宮橋にある、

素敵で入りやすいギャラリーです。

あらいいづみの作品も取り扱っています。​

垣根の低さが程よく、

いつ行っても楽しい場所です。

 

​(写真はオーナーの、松岡詩美さん)

【基本営業日時】土日祝 11:00〜18:00
【最寄駅】小田急線 参宮橋駅 / 京王線 初台駅
【住所】〒151-0053 東京都渋谷区代々木4-54-7

ピカレスクHP

https://picaresquejpn.com/

あらいさんページ

https://picaresquejpn.com/artist/araiidumi/

sb:

ピカレスクのおかげで本まで繋がった

Idu:

本当にねぇ。

ほんと偶然だったから

sb:

グループ展と同じ期間に個展

Idu:

ありがたいこと限りなし

sb:

それが2月で

Idu:

今年だよ

まだね

sb:

あっという間のことだ笑

Idu:

うまくいくものは早いのかも

sb:

ぴたっとはまったのだ

Idu:

うん。うまく行きすぎて あまりにも普通な感じ。

 
 
 
sb:

そもそもいうと、

大学の時には会っていたのだけど

(つゆきが大学1年の時、あらいさん、

安藤さんは同じ大学の4年生でした。)

Idu:

そうだよー

ずいぶん会ってなかったよ

sb:

ほんとそうだね

Idu:

つゆきくんが前回個展した3年前?久しぶりに会った

sb:

ああ確かにそうだったなあ

大学の時も、写真をよく見てくれてて

Idu:

アンディー(スロウボートにも参加、安藤智仁さん)

がけっこうマメに遠くてもDM送ってくれたりして

sb:

うんうん

 
Idu:

そうだよ〜 今でも覚えてるよ

なんだか強烈な印象だったんだよ

本人は静かな感じなのに何だろうって

岡本さんと話したものよ

 
sb:

あはは

何も知らない分、

好きなことやってた感じだったなあ

今もそうだけど笑

Idu:

それが大事だ

sb:

うんうん

Idu:

アンディーが私も写真部だったと勘違いしてたから、

便りをくれてたのが幸いした

sb:

勘違い笑

Idu:

人生のふしぎ

sb:

半生におよぶ

Idu:

アンディーは部長だったし

やけにきっちりした印象だったから、

自分とは違うタイプって思ってたけど

意外に違わなかったという…

まるくなったかなアンディー…

sb:

ああそうかも

 
Idu:

誕生日が1日違いだっただいぶ後で知った。

sb:

そうなんだ笑

すごいことだ笑

Idu:

あれ、誕生日近いと似てるとこもあるのかー

なんて思ったりして(後づけ)

 
sb:

星が近い

sb:

あらいさんも写真を撮っていて、

そこから今は水彩がメインになって

写真と水彩の違いはなんだろ

Idu:

それもふしぎなんだよね。

sb:

あらいさんにとって

Idu:

自分でも違いはありそうで無いのかもしれない。

ただ、写真だけやってたときは みえないものを撮りたいのに

撮れないから描くということだったかもしれない

sb:

写真はあるものをとらえにいくでしょ

 
Idu:

うん

 
sb:

絵を描くことはこちらからとらえにいくのが強いのかな

Idu:

あぁ

 
sb:

うけいれる、というイメージもあるけど

Idu:

ベクトル。そういう意味ではイメージをあらわす的な

sb:

0から作り出す、外に向かうイメージ

 

Idu:

そうだね!

自分が今までに見てきた自然、

ひかりや風いろんな気持ちが

自分のフィルターを通して出てくるのかな

最初はことばないと描けなかったそういえば

 

無意識に記憶を辿る

ことばをたよりにして

 
sb:

ことばかあ

タイトルがついていたよね

個展のときのものは

Idu:

タイトルのことばが何故だか

褒められることもあったり

 

sb:

うんうん

 
Idu:

作品よりも 笑

sb:

ふふ笑

Idu:

そしてタイトルが 長かったりして

sb:

ことばを元にして作品を描いてるなら、

元のことばがいいは褒め言葉だ笑

Idu:

そうかなー

sb:

川で言えば源流がきれい

Idu:

ことばと絵で、完成形みたいなのはあったかな

sb:

うん

今もそうなのかな

Idu:

おー 源流?

sb:

ことばがあって

絵をイメージするような

Idu:

そういえばね、 話してて気づいたけど

最近ことばに頼りすぎなくても

描いちゃうときもある

そして後からことばを探す

 
sb:

ゆっくり変化してる

Idu:

それって毎月のドローイングの効果かもなあ

地味に効いてきてる

 
 
sb:

一貫したテーマもある

Idu:

そうだね、 いのちのかたち

詩美さんよくつけてくれたなと

 
sb:

うたまる師匠が付けたんだ

Idu:

もうそれ以上言うことありませんみたいなね

そうそう

sb:

本のタイトルもそのものを使ったね

Idu:

個展の打ち合わせで

どんな方向性でいくか話したときに

他の案は ことばのもりだったか

sb:

うんうん

Idu:

あらいさんの絵は身体性も感じると

sb:

よくわかってる

Idu:

そう思う

そうなんだよー

私よりみてるかもと思うくらい

だから信頼できるの

sb:

非常にフィジカルな面がある

Idu:

絵から感じるの?

動きみたいな…もの?

sb:

思考ではなくて、

身体を通してできたものだということ

とても伝わってくるな

同じく本人よりよく見てるから笑

Idu:

ことばは思考?だけど 出てくると身体性。

経験かな。

自分のことは分かりにくい

sb:

(あらいさんの)ことばはね、

多分写真に似てるんだ

記憶に重ね合わせて

しっくりきたものを捉える

Idu:

なるほど

sb:

うん

写真が絵に置き換わったのではなく

写真はことばに置き換わってる

Idu:

私のことばはそういえば、

話しことばみたいなきちっとしてない感じかもしれない

sb:

そうだと思う

Idu:

うん、日常のなかにある空気みたいな

sb:

ストレートな表現が多い

Idu:

そのとおり そのまんまだねー ひねりがない

sb:

いのちのかたち、という名前が付いた前と後で、

絵を描く時に向かう気持ちの変化はある?

Idu:

そうだね…

自分のなかに 大きないっぽんの

安心できる柱が立ったような

そのことばで、小さな作品達、わけのわからないものが

生み出せた感じはあるかもしれない

sb:

うんうん

それは大事なことだ

Idu:

引き出してもらえたのかもね

タイプがいくつかあったから

どれでいきましょうかって話だった、確か。

一年間のドローイングを見てそう感じたみたい。

 
 
sb:

あらいさんはことばによる気付きがたくさんある

Idu:

反応?

そうだね、そうかもしれない。

sb:

無意識にしていて、改めて気づくこと

 
Idu:

なんてことない会話から

けっこう自分で深く考えてることあるかも

 
sb:

それに気付くことで、肯定的になれること

 

Idu:

そうだ、 私はことばに

良くも悪くも敏感な質だと思う。

残ってしまう身体のなかに。

 
sb:

うんうん

 
Idu:

そうだった。
流せば楽なのにいちいち受けとめる方だ

 
sb:

考えすぎる性格だ

もちろんいいこともある

 
Idu:

そうー よく分かるね!

いいこと…

あまり意識したことない。

よく考え過ぎだよって言われる。

 
sb:

うん

 
Idu:

前に比べたらだいぶ自由だと思ってるけど

 
sb:

うんうん、特にキャンバスの上では自由だ

 

Idu:

あ、そうそう

最初はそんな気持ちの

はけ口だったかもしれない描くこと。

昔から制作自体もそうだけど

sb:

うん

出口ができたんだ

 

Idu:

そう、描くことは自分のためだった

 
sb:

今回本に書いたことばに

「同じ道すじをたどって、気持ちに寄り添う」

というのがあって

Idu:

うんうん

 
sb:

自分のために描いた道すじが、

誰かも通る道になる

Idu:

わー

sb:

そんなイメージがあった

Idu:

ひょー

鳥肌…

 
sb:

だから、そこに嘘があったらいけないし

Idu:

深い…

 
sb:

思考から離れることが大事だと思った

Idu:

そうだね。 嘘はやっぱり 伝わってしまうと思う

すごいなあ つゆきくん

言語化にならないところでパルス的に

受信する人には伝わるのかもね。

sb:

きっとそうだ

 
Idu:

あ、みんな感じてる本当は

sb:

言語化できないからいいんだと思う

Idu:

でも小さすぎて?

伝わらないように 感じてしまうことも

最終的に 説明できない絵になった笑

 

sb:

うんうん

Idu:

次はどこいくのか 自分でもわからないよー

いのちの周辺てことは

sb:

薄い味付けの方が繊細に旨味を感じることができる

Idu:

変わらないとは思うけれど

sb:

小さい音の方が耳をすます

Idu:

日本料理!

みたいな?

うんうん

sb:

そうだね!

 

Idu:

写真もささやかのことばのイメージって

言われたことある

sb:

うん

Idu:

そのときは、あまり良くない感じで

もっとばーんとしたのやりなよみたいな

sb:

うんうん

Idu:

感じだったけど

でもどうもできない

私には

sb:

うん

比べることはよくないことだ

比べることをしなければ、

もっと個性は伸びる

 
Idu:

昔はなんだか すごく勢いがあって

どうだーみたいなのが

良い作品ていう勘違い

違うものになろうとしてたのかな

sb:

うんうん

Idu:

若さと、他と比べてだというのもあるかな

インパクトに欠ける自分

sb:

そっかあ

インパクトは、

どこまで行けば満たされるのか

Idu:

限りはなさそう

sb:

ふふ

Idu:

自分をわかってなかった

今よりもずっと

sb:

今は大分分かってきたね

Idu:

ささやかであることが

どれだけ素晴らしいことか

sb:

うんうん

続けられることは、

嘘のないことだけだと思う

Idu:

小さなこえが どれだけ

大きな エネルギーを持っているのか、とか

sb:

大きな声は、嫌でも聴こえてくる

Idu:

自分の経験と

そう考えると経験は自分のかたちを

俯瞰できる材料なんだね。どんな経験も

sb:

ほんとそうだー

Idu:

今回なんとなく

こえをきくと つけたんだけど

sb:

うん

Idu:

いろんな意味に とらえられるから

いいなって

理由は単純なんだけど

あまり考えてないの

sb:

うん

わかるような気がする

Idu:

あるとき、大切なひとのこえを

自分が思い出せない気がして動揺してしまって

sb:

うん

Idu:

顔は忘れないのにこえは簡単に…

なんだかそんな自分が嫌だと少し思って

こえをしっかり

sb:

うんうん

Idu:

いろんな人の刻んでおきたいって思ったんだー

自分のこえでもあるなと、後から

sb:

自分の声かあ

確かにそうかも

Idu:

うん

sb:

地元でできるのは嬉しいことだね

Idu:

嬉しい反面 妙なプレッシャーを

自分に与えているみたい。

でももう時間ないし。

これで大丈夫とおまじないをかけるくらい

sb:

うんうん

絶対大丈夫だー

それに時間のないのはいつものことだ笑

Idu:

ふふー 思考は現実化するらしいから。

良い想いでいたら きっとよいね

sb:

作品楽しみだ

それでは最後に、本について

Idu:

はいはい

sb:

やっと着いた笑

Idu:

ごめん

sb:

いや、すべて大事なことばかりだったよ

Idu:

ふふふー

sb:

繋がってるからね

Idu:

そうだね

sb:

今回、収録したのは、

前回の個展の作品+新作6点という感じだけど、

ほんとに水ものというか、

Idu:

うん

sb:

前作と新作とでも変わっていってて

Idu:

そうだね 違っちゃった

sb:

ほんとにその時々にしか

描けないものなのだなあと

Idu:

うんうん ライブみたいな

sb:

本ではそれがいい意味で動きになってて

Idu:

そうかー

sb:

旧作と新作は別の日に撮ってるんだけど、

僕の気持ちも、普段のやり取りを通して

変わっていったりしてるから面白かったな

Idu:

いろいろな ものや状況が

重なりあって できたんだね。

sb:

ちょうど、群馬での個展の作品を

作ってる最中に並行してたしね

Idu:

水ものだー

出だしのスタートという感じだった

sb:

うんうん

旧作に関しては1日で撮った

Idu:

次のもすぐに撮ってくれたよね

sb:

もうこの日のこのひざしだ、という日があって

季節が変わったね

Idu:

そっかー ひかりで違うものね

繊細だ

sb:

だって旧作の撮影は5月の頭

そのあとに、

あらいさんの公募展への参加があって

 
Idu:

うん

夏だったね

sb:

そのあとに新作を描いてもらって

間にことばがあったかな

いくつか書いて

Idu:

うん

sb:

秋の初めくらいに撮った

Idu:

春と秋じゃひかりが全然違っちゃうけど
写真同じ感じにみえたね

sb:

うん、気持ちが一緒のような日だったのかも

Idu:

本来なら同じ日だよね全部

そうじゃないと違ってしまうから自然光なら

sb:

描いた時期が違うから、よかったのかもね

 
Idu:

結果的に
うまくやろうとしてないから

かえって素晴らしい結果になったのかも

sb:

元々違うのだから、

それはそれでいいのだ

 
Idu:

みて分かる人はそうそういないと思うな

sb:

たくさん手に取ってもらえるといいな

Idu:

きっとそうなる!

sb:

力強い!

Idu:

レーベルとしても

素晴らしい第一作目だねぇ

sb:

いいこと言うなあ

Idu:

嘘はないよ
はじめ良ければ全て良し

だからー

次もいいのができるね

sb:

うん

Idu:

自分で思っているより
いろんなたくさんのことを

みんな感じてくれてるなと思うと
それだけで嬉しい

sb:

みんな小さな声に耳をすませたらいいね

Idu:

うん。 今せかいはいろいろが

大きな音ばかりだからなぁ。

sb:

ほんとそうだー

スロウボートがぴったりだ

Idu:

その中でも小さくてもすてきな音を

奏で続けられたらいいな。

自分のよろこびとしても

スロウじゃないと やっぱり乗り遅れる

しかし、今回かなりのスピードだったよね

sb:

個展に間に合わせたかったからね

Idu:

スピード出せるときもある♪

本当にねー

sb:

水面下では飛ばしてる

Idu:

ありがとう

sb:

上は涼しい顔笑

Idu:

見えないところで

sb:

こちらこそありがとう

Idu:

寺島さんの作品

良くみたことないから

たのしみだなー

同じ水彩でも違いそう。

いやいや〜

つゆきくんどう考えても大変だったよ

sb:

寺島さんも、もう30枚一気に描いてくれた

Idu:

すごー

ボリュームあるね

sb:

勿体無くてまだ内輪にも見せてない笑

Idu:

ええー? 笑

できてからの おたのしみかー

sb:

もう少しちゃんとしてから笑

いや、タイトルが決まったら

Idu:

おぉ

みなさん確実に…

sb:

あとは自分のことだけだー笑

Idu:

それがいちばん大切

sb:

まあでも、本を作るのの半分は自分のこと

Idu:

みんな同じ意見

sb:

やってみてそれが分かった

紙もよかったね

Idu:

うんうんそうだね

うん〜!

質感大事

今日アンディーにDM渡したら

写真よく撮れてるって褒めてもらった。

てきとう写真…

sb:

そして褒められて伸びる

Idu:

あはは

調整はやりだすと きりがなくて

つゆきくんよく分かると思うんだけど

難しいね。

sb:

うん

作品が繊細だ

Idu:

面倒だって言われちゃうタイプだよ。

そこに果敢に取り組んで

すばらしいのが完成〜

sb:

嬉しいなあ

Idu:

事実だ

sb:

力強い

Idu:

つゆきくんがしてくれたんだから

私もじまんできる

よい作品集だよって

sb:

うーん

ありがとう

褒めて伸ばされてる

Idu:

ふふ

でも嘘はないよ 本当に

sb:

うん、ありがとう

Idu:

おやすみなさい〜

sb:

おやすみなさい
いい個展になりますように

Idu:

メンタル大事なのはアスリートだけじゃないね。

よい展示になる気がしてきた。

最後のひと踏ん張り。

sb:

気がしたなら、もう大丈夫だー

あらいいづみ個展、無事終了致しました!

ありがたいことに、持参しました作品集は完売。

​感謝でいっぱいです^^

​ありがとうございました!

© slow boat , 2018